【クロスバイク】ドッペルギャンガーG700 オーバーホール完結編

クロスバイク
DSC_4838

おはようございます。こが修三です(^.^)

それではドッペルG700の最終章になります。

 

このバイクの最大の難点はこの英式バルブと25Cという細いタイヤの組合せです(^^;

英式バルブなら35C辺りの太めのタイヤにしてほしかったですが、細いタイヤにした理由が後で判りましたw

 少し前に整備したアニマトのブリッグスもこの組み合わせでした。(流行ってんのかな~w)

 

前回は米式バルブに交換しましたが、アマゾンで唯一販売されていた25C対応の米式バルブチューブが販売中止になっています(^^;

今回はスペシャルバルブで対応させていただきます!

 

米式バルブの700Cチューブはコチラ↓

ロードバイク チューブ 自転車内胎 700C*28C 米式バルブ48A/V 2つの組み合わせ
適応タイヤ:700C*28C 素材:ブタンゴム バルブ長:48mm バルブ形式:A/V 包装:2本セット

 

   

      

これで多少のエア漏れの心配や高圧に耐えられるようになります。

 

チェーンはこのまま使います!

見た目以上にオイルギトギトなのでパークリで洗浄します。

 

キレイになりますが、部屋の中に異臭が立ち込めますw

  

 

 

汚れをふき取って出来上がりです(^.^)

 

  

 

チェーンをミッシングリンクで繋ぎました!

  

ワイヤーを張りました!

インナーワイヤーは流用し、アウターワイヤーは白をチョイス!

 

リアディレイラー周りはこんな感じになりました!

 

リア側のブレーキ調整をしようとした時に異変を発見(@_@)

 

シートステーとブレーキシューのクリアランスがほぼありません!

ということは、ブレーキのリードパイプを解除しただけではホイールが抜けない構造になってます(>_<)

リアホイールを外すときは、エアーを抜くことをおすすめいたします(^-^;

  

   

 

最後ちょっとビビりましたが、一応問題なく完成しました(^.^)

予想外の苦戦でしたが、完成すると愛着が出てくるんですよね~w

また試乗動画作りますので、是非見てくださいね~

 

今回はこの辺で~

ではまた~(^.^)/~~~

 

↓アマギフプレゼントキャンペーン実施中のセレクトショップにもあそびに来てくださいね~(^.^)

https://temite.jp/store/kogasyuzo/categories/0f1870c3

■キャンペーンの詳しくはコチラから https://bit.ly/3mlFXdE

 

コメント

  1. Sheepfactry より:

    リアのブレーキシューだけロード用サイズに替えてしまうのはどうでしょうか? 元々は小径車向けですが、テクトロのコレとか。
    TEKTRO(テクトロ) 720.12 BR-TK-155 https://www.amazon.co.jp/dp/B00DKLL9JM/ref=cm_sw_r_cp_api_fabc_4aA3FbW6Y03MK
    ブレーキシューブロックがロード用のR55Cを使えるので便利ですよ。

    シマノからもCapreo用が有ったのですが、現在は廃番なのか通販では買えない様です。
    SHIMANO(シマノ) R55Cカートリッジタイプブレーキシューセット BR-F800 Y8JF98010 https://www.amazon.co.jp/dp/B005CMYNF4/ref=cm_sw_r_cp_api_fabc_RaA3Fb9C84YMB

  2. Sheepfactry より:

    もう一点、チューブのバルブですが米式で無くフレンチに変えるならMitasのルベナチューブを選ぶとバルブナットがスペーサーになっているので便利です。
    パナレーサーなどからバルブスペーサーのナットが販売されていますが、ルベナチューブならチューブ代800円くらいでスペーサーも揃います。

タイトルとURLをコピーしました