【安っ💦】18段変速で5万円!このバイク 絶対ヤバいでしょ⁉(初心者向けロードバイク)TRINX SKY

ロードバイク

おはようございます。古賀修三です(^.^)

今回はYoutube視聴者様からお問い合わせの増えている、話題のロードバイクを解説していきます!

私のブログで何度か取り上げているTRINX(トリンクス)が、フロント2・リア9段の18段変速のロードバイクを「5万円」と超破格で販売されています(@_@)

何かの間違いじゃないか?、またヤバい仕様なんじゃないか?と疑ってしまう価格ですよね~www

今回も忖度なしで丸裸にしちゃいますよ~

では行ってみましょう~(^.^)/~

 

スポンサーリンク

外観

↑が今回ご紹介するTRINX SKYです!

アメサイドタイヤ・ディープリムがカッコいいですね~

ブレーキは前後ディスクブレーキ仕様になっています。

 

カラーはストーミーブラックとフォーギーホワイトの2色があるようです!

内装ワイヤーになっていて、太めの28Cタイヤが付いていて、ディスクブレーキ仕様と今どきのロードバイクって感じですね~

悪くないですね~(゜o゜)

 

ビルトイン型のサイドスタンドが付いています!

どこかで見たような~(?_?)

 

以前ご紹介した、同じ一勝堂が販売する「KEYSTO REVOLUTION」と同じフレームでは?と一瞬思ったのですが、フレーム形状やワイヤーの通り方が違うので、やっぱり違うようです(^-^;

全く別のバイクのようですね~

 

 

サドルの質感もまずまずですね~

シートクランプはクイックリリースです!

TRINXはロードでもクイックリリースタイプが多いですね~(^-^;

 

お安めのロードバイクに多いリーチの長いドロハンでも無さそうです!

外観は結構いい感じですよ~(^.^)

フレームサイズは490㎜と530㎜の2展開あります。

この価格でフレームサイズが選べるのは良心的ですね~

では、肝心のスペックを見てみましょう~(^.^)/

 

 

スペック

スペック表 

【商品名】SKY
【重量】約12.5kg〜(510mm)約約12.3kg〜(490mm)
【適応身長】約170〜185cm(510mm)約164〜176cm(490mm)
【フレーム】アルミフレーム AL6061・700c*490mm/510mm
【ブレーキ】前後メカニカルディスクブレーキ/JP仕様(右レバー/前輪・左レバー/後輪)
【ハンドル】アルミエアロハンドル 幅:400mm
【フロントディレイラー】L-TWOO R5
【リアディレイラー】L-TWOO R5
【クランク】PROWHEEL rPL 175L 34/50T
【スプロケット】9speed 11-28T
【タイヤ】CHAO YANG 700*28C フレンチバルブ(仏式)
【ホイール】アルミ 700Cホイール/ディープリム40mm
【サドル】TRINX COMFORT-155/シートポスト径 27.2cm
【サドル高さ】490mm : 低い85cm 高い102cm
【付属品】ペダル・シート・シートポスト・反射板・説明書
【組み立て必要道具】+ドライバー・六角レンチ(4.5.6mm)/ペダルレンチまたは15mmスパナ
【ディレーラー、ブレーキ調整必要工具】+ドライバー・六角レンチ(4.5.mm)
【スマートフォンアプリでご覧の方へ】
「商品情報をもっと見る」より、商品詳細をご確認ください  

 

「スペック表を見てもよくわからないです」って方に、画像を基に詳しく解説していきましょう~(^.^)

 

 

スペック解説 

フレームはアルミ、フォークはスペック表に載っていませんが溶接痕を見る限りではアルミのようです!

ステムは100㎜くらいだと思います。

最初から逆付けされているのが良い感じですね~(^.^)

 

ハンドル幅は400㎜でフラットの部分が扁平になったエアロハンドルが採用されているようです!

バークランプは一般的な31.8㎜に見えますね~

リーチも短めで、良い感じのハンドルです(^.^)

レバーはL-TWOOのR5が付いています。

ちなみにL-TWOOはリア7速がR2、8速がR3、9速がR5というモデル名になります。

変速数とモデル名の数字がリンクしていないので、分かりにくいですよね~www

 

タイヤはCHAO YANG 700×28Cになります。

フォークとタイヤのクリアランスが結構あるので、もう少し太いタイヤも履けそうですね~

ディープリムホイールですが、リムサイドはキャリパーブレーキには対応していないようです。

正真正銘のディスクブレーキ専用ホイールのようですね~www

 

 

ブレーキはメカニカルディスクブレーキになります。

右レバーをを前輪・左レバーを後輪と、日本仕様に組み替えているようですね~

ハブはクイックリリースタイプですが、Amazonでもクイックタイプのディスク用ホイールは低価格で販売されているので、今のところトラブっても問題なさそうです!

  

ワイヤーは内装式で、反対側は見えませんが、リアブレーキに繋がるブレーキワイヤーも内装式になっていると思われます。

バンド式のフロントディレイラーもL-TWOOのR5です!

 

 

クランクチェーンリングはプロホイール製の50‐34T、チェーンガード付きです!

クランク長は175㎜と、一般的なモノより5㎜程長いクランクが付いています。

何か理由があるのでしょうか(?_?)

歯は交換できないタイプなので、シマノで言うとターニークラスのクランクですね~

 

スプロケットは9速用の11-28Tです。

おそらくシマノ製ではありませんが、互換性はあるので歯がすり減っり、もっとローギアが欲しい時はシマノのスプロケットに交換可能だと思います!

リアディレイラーもL-TWOOのR5ですね~

ディレイラーハンガーはフレーム一体型です!

ハンガーが折れるのが怖いので、ディレイラーガードを付けることをおすすめいたします。

created by Rinker
ミノウラ(MINOURA)
¥877 (2024/04/19 17:15:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥2,757 (2024/04/19 18:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

全体的に脱シマノで価格を抑えたコンポーネントになっていますが、全てのコンポはシマノと互換があります!

調子が悪いパーツはシマノ製に交換が可能なので、LーTWOOパーツ入手困難でもリスクはほとんどありません。

 

 

ぶっちゃけおすすめ出来るの?

ということでスペックも確認しましたが、5万円でカセットハブの18段変速が手に入るのは正直スゴいです!

コレは十分アリだと思います。

シマノコンポではないというデメリットはありますが、STI付きでカセットリア9速は十分魅力です。

5万円くらいでディスクブレーキがモデル、リア8速以上が欲しい方は、これ一択だと思います!

「リムブレーキモデルでも良い」という方は、やはりシマノコンポ・約2㎏軽量の「カノーバー ZENOS」の方が良いと思います↓

【5万円】通販ロードバイクはメーカー車を超えられるのか?(カノーバー ZENOS再販開始)
おはようございます。古賀修三です(^.^) 今日はこれからロードバイクを始めたい方に朗報です! 以前より初心者におすすめのロードバイクとして、何度もご紹介してきたカノーバー ZENOS(ゼノス)が再販されました(^.^) おそらく2年以上「...

  

 

販売情報

TRINX SKYは楽天とヤフーショッピングで販売されています!

2024年3月現在、51,900円で販売されています。

ポイントバックで5万円以下で買える方もいると思います。

十分コスパの高いロードバイクですよ~(^.^)

販売ページはコチラ(Amazonでは販売されていませんm(__)m)↓

 

 

 

組立サポート

 

通勤や通学などの普段使いや、ゆるポタにもピッタリなロードバイクだと思います(^.^)

このロードバイクでスポーツ自転車ライフをスタートさせてみてはいかがでしょうか?

通販ロードバイクは、組立や調整がやや難しいところもありますので、良かったら私が行っている無料組立サポートをご利用くださいね~(^.^)

【無料】組立サポートの詳細はコチラ↓

【無料】通販(Amazon・楽天・ヤフーショッピング)で自転車を購入される方に【組立サポート】いたします!
通販で自転車購入時にネックになるのが届いてからの組立です。古賀修三の組立サポートは、初心者では難しい組立・調整の方法をわかりやすく動画でお伝えします。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

クランク長175㎜、ディレイラーハンガーがフレーム一体型という点がちょっと残念ではありますが、全体的には悪くないクオリティーだと思います!

L-TWOOコンポはこの価格を考えたら仕方ないです。

全然アリだと思いますよ~(^.^)

今回はこのへんで~

ではまた~(^^)/~

コチラの記事もおすすめです↓

【予算5~7万円】おすすめロードバイク7選+1(コスパ最強)
ネットで買える5万円以下のおすすめロードバイクをご紹介。車種別紹介動画もありますので、購入後の組立・調整に不安な初心者の方必見です。
【全貌明らかに】話題のSUNPEED MARSの仕様が確定!おすすめ出来ま・・・(7万円ロードバイク)
おはようございます。古賀修三です(^.^) 1か月ほど前に、「なんだか怪しいw」と表現を使ってご紹介した『SUNPEED MARS』の2024年モデルの仕様が確定したようです! 前回の情報にやや誤りがあった部分もありましたので、訂正と詳細解...
【3万円台】STI付き おすすめロードバイク GT700Sを徹底解説!(初心者向け)
おはようございます。古賀修三です(^.^) 今回も財布にやさしいw低価格ロードバイクを徹底解説いたします! 物価高の中、ロードバイクの価格もぐんぐん上がり、なかなか手の届かない存在になりつつある「ロードバイク」ですが、コスパのいい初心者向け...

コメント

タイトルとURLをコピーしました